シングル女性向け住宅ローンの審査

女性向け住宅ローン審査の心得

女性専用の住宅ローンはありますか?【独身&母子家庭】

女性の場合は住宅ローンを組むのは難しいと思っている人も多いみたいですが、今の時代は多くの女性が働いているので住宅ローンを組んでいる人も多いようです。

なかには女性だけが受けられるという女性向け住宅ローンまである金融機関まであります。

しかし、住宅ローンといっても様々な特徴があったり、有利な女性向けの住宅ローン審査もあったりしますので、良く考えてから選んでみましょう。

一般的な住宅ローンというのは女性向けの住宅ローンの方が金利が優遇されているものなどがあります。

他にも一般的な住宅ローンに女性だけの特典がついたものもあるそうです。

この特典というのは繰り上げ返済にかかる手数料が無料になったり、保険が無料でついてきたりと様々あるようです。

これだけ様々な特典がついていても女性向けの住宅ローンの審査にまずは通らないと話は進みません。

最近は女性向けの住宅ローンの審査が昔に比べてハードルが低くなってきているそうです。

例えば、満20歳以上の人で概ね49歳から69歳までの人。

申込前年の年収が100万円以上で勤続年数が1年以上の人、日本国籍を持っている人か永住許可を持っている外国人の方などの条件があったりします。

昔に比べると女性向けの住宅ローン審査も格段と通りやすくなってきていますので、女性でも安心してローンが組めるようになってきています。

もちろん、金融機関によって条件は異なってきますので、ローンを組む前にきちんと審査の条件を確認しておいた方が良いと思います。

今まさに住宅を購入しようかと悩んでいる人がいましたら、まずは不動産会社に行き、相談をしてみるのも良いでしょう。

住宅ローンを取り扱っている企業もたくさんありますし、どこが一番安心して借り入れができるかなどの話も聞くことができると思います。

住宅ローンの申し込みの流れも早く、借り入れ申し込み書類を提出し、審査となり、融資先が決定し、借り入れが確定となるので、審査にも時間がかからず済みますので安心です。

女性のためのうれしい条件などもたくさんありますので、自分にとって好条件の金融機関はどこなのかを良く調べてみましょう。

きっと、自分の望んでいる条件の金融機関があると思いますし、特典もたくさんあり、満足することができると思います。

女性向けの住宅ローン審査というのは昔に比べて条件が緩くなってきていますし、思い切って行動してみるのも良いかもしれません。

 

母子家庭でも住宅ローンは組めますか?

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも受け付けることができます。

だけども、どの場合でも審査があり申込者全員が通る。

という事でもないので注意してください。

住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。

この先、しばらく付き合っていく母子家庭でも組める住宅ローンを申し込みたい方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

まとまったお金が入った時に返済できれば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

しかしながら、会社によっては特別収入が無いところも多々ありその年によって大きく変動する場合もあります。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

母子家庭でも組める住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。

しかし、どの場合でも融資できるかどうか。

審査があります。

大事な事はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

加えて、関係ないと思われがちな金銭トラブルも判断されるので万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申請することをおすすめします。

母子家庭でも組める住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金は一切かかりません!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

参考:住宅ローン審査に通らない人とは?借りられない理由【審査甘い銀行は?】

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

母子家庭でも組める住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。

母子家庭でも組める住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

物価が上がる前にマイホームが欲しいと思ったとき銀行から申し込みできる住宅購入時の貸付が良いです。

申し込み後は初めに審査がありますので、それを受ける必要があります。

まずそれに通過しないと先には進めません。

重要な判断材料は仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

加えて、ローンカードを使用したことがあるかどうかも厳しくチェックする所はチェックされますので今後住宅購入を考えているのであれば使用しないか、必要な時だけにするのが良いでしょう。

これから、新築または中古の家を購入される方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。

親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

母子家庭でも組める住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

長年母子家庭でも組める住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすることによって、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を減らす事ができます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。