住宅ローンの金利の差で決まる

女性向け住宅ローン審査の心得

住宅ローンは金利の差が重要

これから住宅ローンを組む人もいるかと思いますが、一般的に良く使われているようなカードローンとは違い、金利も低いですし、また金利の種類もいくつかあります。 ですから、住宅ローンの金利がポイントとなってくるのです。

まず、変動金利というのは金融市場の金利水準で金利が変動していきますので、市場が低金利ならば金利も低めになっていきますし、逆に市場の金利が高ければ金利も高くなってしまうというわけです。 また、固定金利というものもあり、これは一定期間の借り入れ金利が固定されますので、2年、3年、5年、7年、10年から選び、その一定期間の間は同じ金利になっていきます。

固定金利ならば金利が変わらない分、安心して返済プランが立てられますが、一度その固定期間を決めてしまうと金利が変わらないので市場が低金利であっても金利が変わりません。 この変動金利を選ぶか、固定金利を選ぶかが住宅ローンの金利がポイントとなっていくと思いますので、どちらを選ぶか今後の返済計画などを立てて、良く考えないとなりません。

ただ、住宅ローンのような大きな額の借り入れの際は、やはり変動金利ですと返済計画も立てにくかったりするので不安な要素もあるでしょう。 安い金利にするのか固定金利にするのか良く考えて決めましょう。

住宅ローン金利の関連リンク集

住宅ローン相談無料!借り換え相談は?【審査・金利の悩み解決】
住宅ローン相談は無料で受けられます。金利の選び方や住宅ローン審査に通る方法、繰り上げ返済や住宅ローン借り換えの際の条件の相談などでお悩みの方におすすめです。
www.jyutaku-muryou-soudan.com/